スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラベリング・ウィルベリーズ

トラベリング・ウィルベリーズ( Traveling Wilburys )は、1988年に結成された覆面バンド。各アーティストの所属レコード会社が異なる関係上、全員が「ウィルベリー姓の兄弟」という設定(ただし『Vol.1』ではチャーリー・T・ジュニアと1人だけウィルベリー姓ではない人物がいる)で実名を伏せ、覆面バンド(サングラス着用)というコンセプトであった。ただし、演奏やパフォーマンス特定は容易。また、レコード会社の関係でプロモーションは行わなかったが、それでも6週連続3位とアルバムセールスは好調であった。メンバーNelson Wilbury / Spike Wilbury、ジョージ・ハリスン(元ビートルズ)Otis Wilbury / Clayton Wilbury、ジェフ・リン(エレクトリック・ライト・オーケストラ)Lucky Wilbury / Boo Wilbury、ボブ・ディランCharlie T. Jnr / Muddy Wilbury、トム・ペティLefty Wilbury、ロイ・オービソンサポート・メンバージム・ケルトナー(ドラムズ)レイ・クーパー(パーカッション)ジム・ホーン(サクソフォン)イアン・ウォーレス (トムトム HANDLE WITH CARE)ゲイリー・ムーア (ギター SHE'S MY BABY)概要ジョージ・ハリスンのアルバム『CLOUD NINE』からシングルカットされる際、新たなB面の曲が必要になり、このメンバーが集まってレコーディングしたのがきっかけで、ウィルベリーズが結成された。これだけの大物ミュージシャンが集まったにも関わらず、非常にまとまりのある作品を生み出すことができた。そして、バンドはグラミー賞まで受賞する大活躍となった。プロモーションには、ジョージ・ハリスンも愛用していたギター・ブランドのグレッチ社より全面的な提携サポートを受け、全員がグレッチのギターを持った写真が撮られたり、ウィルベリーズ・モデルのギターがグレッチより限定で発売され PV でも使用された。しかしアルバム『ヴォリューム・ワン』発表後、ロイ・オービソンの死という不幸に見舞われ、さらに彼の後釜として参加するといわれていたデル・シャノンが直前に自殺するなど(ただしシャノンの参加は噂に過ぎず、正式にアナウンスされたものではない)、活動は安定せず、結果的にバ

「橋下新党」旗揚げへ=統一選で、府・市再編争点に-大阪(時事通信)
<「梁山泊」脱税>代表と2社を起訴…大阪地検特捜部(毎日新聞)
三大桜「滝桜」、観桜料300円頂きます(読売新聞)
CBC、やらせの街頭取材「通行人」は関係者(読売新聞)
「秘書寮建て終え返済」=07年の4億円、元秘書供述-小沢氏23日聴取・東京地検(時事通信)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ミスターしょうじいもと

Author:ミスターしょうじいもと
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。